知っておきたい「そば」にまつわる豆知識

 

 

 

日本を訪れるなら、ぜひ食べておきたいグルメの1つに「そば」があります。

昔から縁起の良い食べ物とされ、様々な行事で食べられてきました。


そこで今回は知っておくとより美味しく食べられるそばの豆知識をご紹介致します。

 


なぜ、店名に「庵」が多く使われるお店が多いのか?


 その理由は、江戸時代までさかのぼり、当時浅草にあったお寺・称往院に「道光庵」という庵(隠遁者また僧尼の住む家、小さな住居)があり、庵主が自ら打ったそばを檀家に振る舞ったことが大好評となり、その評判にあやかって店名に「庵」をつけるお店が増えたといわれています。

 


・日本式のそばとは?


 現在、日本で「そば」といえば麺状の「そば切り」のことを指します。

遙か昔は実をお粥のように炊いていたのが製粉の技術が伝わって以来、

「そばがき(そば粉に水を加えて加熱し練ったもの)」や「そば団子(そばがきを固めて焼いたもの)」などに変化。


 江戸時代(1603〜1867年)中期には

そば粉を水で練り、伸ばして麺状に切った

「そば切り」が食されるようになりました。


 食べ方は、ネギやわさびなどの薬味を入れたつけ汁に冷たいそばを浸しながら食べたり、

温かいそばを出汁を効かせたつゆに入れて食べたり。

天ぷら、山菜などの具材を添えて楽しむことも多いです。

蕎麦はスーパーフード!

 そばはうどんや米と違い、精製しないで挽くため栄養価がとても高いです。

米や小麦は胚芽部分を取り除いて胚乳部だけを使用しますが、

そばは栄養豊富な胚芽部が実の中心部にあるため取り除くことができません。

さらに、皮の下の甘皮にも栄養が多く、精製しないで作るそばはとても栄養が豊富に含まれています。

そばの原料であるそば粉はうどんやパスタの原料である小麦粉や白米と比べると、

  • ビタミンB1、B2といったビタミンB群

  • ミネラル(マグネシウムや鉄、亜鉛)

  • ポリフェノールの一種であるルチン

 

などが豊富に含まれています。

 そしてそばには良質のたんぱく質が他の穀物と比較しても豊富に含まれていて、

そのたんぱく質を構成しているアミノ酸のバランスが良くアミノ酸スコアがとても高いです。

アミノ酸スコアとは食品に含まれる9種類の必須アミノ酸のバランスを点数で評価したものです。

そばタンパク質に含まれているレジスタントプロテインには

他の食べ物に含まれるタンパク質と違う性質があります。

通常のタンパク質は体内の消化酵素によりアミノ酸に分解・吸収されます。

一方、レジスタントプロテインは分解されにくく、脂肪を吸着して体外に排出させる性質があります。

そのためレジスタントプロテインには

  • 体脂肪蓄積の抑制(ダイエット)

  • コレステロールを下げる

  • 代謝をアップさせる

  • 血管強化による動脈硬化の予防

 

などの効果が期待されています。

これらの成分以外にも腸内環境を改善して便通を良くする食物繊維や現代人に不足しがちな鉄やマグネシウムなどのミネラルも豊富に含んでいます。

 そして特に注目すべきは他の穀物には少ない必須アミノ酸の

「リジン」が豊富に含まれている点です。リジンには

  • 脂肪燃焼(ダイエット)

  • 疲労回復

  • 骨の強化(カルシウムの吸収促進)

  • 細菌・ウイルスの侵入を防ぐ
    (口唇ヘルペスなどに有効)

  • 貧血予防

  • 目の充血の予防

  • 美肌(コラーゲンの生成を助ける)

  • 集中力の低下を防ぐ

 

など多くの効果が期待されています。

このように多くの美容や健康、ダイエットに効果がある栄養成分がたくさん含まれているので

そばがスーパーフードと言われるのも納得ですね!

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now